妙高高原温泉郷 日帰り温泉情報
   温泉施設
・赤倉温泉 歴史のある名湯は妙高高原最大の規模
妙高山の東中腹、海抜800m付近にあります。
高田藩主榊原氏の鷹狩の休憩所として、西上方の北地獄谷
から温泉を引いて湯屋を設けたのが起こりと云われています。
温泉街も情調があり賑やかな所、妙高高原 
ペンション山ぶどうからは歩いて行ける距離です。
 泉質: 北地獄谷から引湯の硫酸縁・炭酸水素塩温泉51.1℃
効能: 神経痛・切り傷・火傷・皮膚炎など美肌にもよい(87件、5995名収容)
赤倉温泉野天風呂”滝の湯” 0255-87-2958
赤倉温泉・足場公園  0255-87-2165
・新赤倉温泉 妙高高原駅の北西約2.5Km、赤倉温泉へ登る途中の標高700m付近にある。      
白樺やカラ松林に囲まれた妙高山を望む高原ムードいっぱいの温泉。  
泉質: 北地獄谷から引湯の硫酸縁・炭酸水素塩温泉51.1℃
 効能: 神経痛・切り傷・火傷・皮膚炎など美肌にもよい(58件、1600名収容)
ベレール妙高 
妙高市田切字西原218-509 
  入浴のみは800円
  引き湯
0255-87-3800
  
・池の平温泉 妙高高原駅の西約3.5Km、白樺林が散在するのどかな高原地帯にある。
妙高山やいもり池の四季の景観がすばらしい、共同浴場も楽しい。
泉質: 南地獄谷から引湯の単純温泉62.3℃
 効能: 慢性皮膚炎・疲労回復・筋肉痛など(61件、3300名収容)
池の平温泉・いもり池あし湯 0255-86-4727
・妙高温泉 JR妙高高原駅の南西約1Km、明治43年開湯と古く人々に親しまれてきた。 妙高高原の玄関口にあたり、駅に近いこともあって都会色が濃く団体客の利用も多い。
 泉質: 南地獄谷から引湯の単純温泉62.3℃
効能: 慢性皮膚炎・疲労回復・筋肉痛など(5件、345名収容) 
ランドマーク妙高高原  0255-86-5130
・杉野沢温泉 平成9年誕生の温泉で新スポートとして注目を集めている。 
 泉質: 塩化物・炭酸水素塩温泉62.3℃
 効能: 神経痛・消火器病・切り傷など(67件、2795名収容) 
杉の沢温泉センター
      ”苗名の湯”
0255-86-6565
・関温泉 古くから関山の湯として知られた閉静な湯治場「赤い湯花」の温泉で100%源湯かけ流し。
 泉質: 塩化物・炭酸水素塩温泉62.3℃
効能: 神経痛・消火器病・切り傷など(67件、2795名収容) 
湯の宿 泉山
 (妙高市妙高市大字関山)
関温泉街中程の宿
 入浴料 大人 500円 
       小人 400円  
0255-82-2321 
・燕温泉 弘法大師発見の湯として伝えられる古い温泉で秘湯野趣満点の野天風呂もあり、「白い湯花」の温泉
泉質: 塩化物・ナトリューム48.4℃
効能: 神経痛・婦人病・美肌効果など(14件、955名収容) 
燕温泉 河原の湯(妙高市)
場所:露天風呂がある。
料金:無料
 
(最終更新日 2009.9.29)