妙高高原の観光




周辺観光

澄んだ秋の空の妙高高原周辺ではまもなく紅葉の色づきが始まります。
そんな爽やかな風そよぐ魅力ある妙高の大自然が貴方をお迎えします。
                                           

 
トレッキング
信越トレイル
里山を巡る、信越トレイル
赤池から、沼の原湿原で山野草がたくさん咲き春から秋にとてもお勧めの場所です。
  斑尾山-万坂峠-袴岳-赤池-沼の原湿原-
信越トレイルは色々なコ-スがあり、正式に回れば6〜7時間かかりますが、お薦めは沼の原湿原まで歩く1〜1時間半コ−スが手頃です。
現地まで
30分


所要時間

1.5時間

燕温泉露天風呂
燕温泉露天風呂と惣滝
乳白色の天然温泉一度はいったら 忘れられない!!
終点燕温泉で下車し、温泉街の奥から沢沿いを歩けば、20分程で吊橋があり、橋下に野天風呂河原の湯がある。惣滝にはそのまま直進する。
所要時間


2時間
御鹿池
黒姫から御鹿池
黒姫コスモス園から御鹿池を散策するコースで高低差が少なく小さな滝や
常緑樹と落葉樹の混成林が有り御鹿池の周囲を散策します。
御鹿池は、森の中にある静かな池で、水はあまり綺麗ではありませんが、絵になる風景です。池の下側に「童話館」と書かれた看板があり、10分ほどで童話館の建物が見えて来ます。
所要時間

1時間
天狗の庭
火打登山道を通って黒沢へ
火打登山道を通って黒沢までのコース  片道約70分
(足を伸ばして天狗の庭までのコースは片道約4時間で往復1日コースになります)
所要時間

3j時間
夢見平
夢見平遊歩道
笹ヶ峰にある乙見湖を出発点に夢見平を散策するコース・距離約4km
所要時間


2時間
清水ヶ池
笹ケ峰
清水ヶ池、ドイツトウヒの森から仙人池を散策するコース・距離約4km 6月初旬〜10月初旬
笹ヶ峰ネイチャーウォーク 6月初旬〜10月初旬
妙高高原ネイチャーウォーク 5月下旬〜11月中旬
笹ヶ峰ネイチャートレッキング[1] 牧場・夢見平コース 5月下旬〜10月初旬
笹ヶ峰ネイチャートレッキング[2] ヒサコの滝コース 6月初旬〜10月下旬
所要時間


2時間
2時間
2時間
5時間
5時間
平丸ブナ林
ブナ林と清水の里 平丸
平丸ブナ林・平丸大滝をめぐるコース、清水を汲んでマイナスイオンと森林浴を楽しむ。  
平丸ブナ林
 この森は「新潟県森林浴の森百選」や「市民ふれあいの森」に指定され、林内の散策歩道などが整備されていて、親しみやすい休養の場になっています。ブナ林のすぐ前まで車道があるため、家族づれや子どもたちでも気軽にブナ林の散策が楽しめます。春の芽吹き、夏の涼を求めに、また、秋には紅葉狩りと、さまざまなブナ林の恵みを満喫してみてはいかがでしょうか。
所要時間

時間
鏡池
戸隠周辺散策(戸隠神社奥社を通り鏡池周辺を散策するコース)
戸隠キャンプ場から出発。 間もなく戸隠牧場の手前に「ささやきの小径」入り口。 ここからはハルニレやブナなどの森が広がる小径となり、10月に入ると紅葉の森を散策でき気楽に歩ける道で、木々の間から戸隠山も見える。カラマツ林を抜けると戸隠神社奥社参道に出る、右手には赤い随神門(ずいしんもん)が立っている。時間があれば、門をくぐり立派な杉並木を抜けて奥社まで足をのばし、随神門から戸隠森林植物園沿いの道を進み、天命稲荷を通れば、目的の鏡池につく。
所要時間


妙高高原スカイケーブル
妙高山 火打山
日本百名山 妙高山 火打山

妙高山は新潟県南西部の妙高市に位置する標高2454mの複式火山で活火山に指定されています。新潟県を代表する山であり、日本百名山の一つで上信越高原国立公園に属します。越後富士の異名をもち、長野県との県境に近いためか長野県側からも北信五岳のひとつとして親しまれています。

メイン登山口の笹ヶ峰までは車で行きます。
笹ヶ峰登山口―黒沢―富士見平―高谷池―黒沢池―笹ヶ峰
写真はスカイケ-ブルを利用しての登山例です。
妙高高原スカイケーブル―山頂駅―大谷ヒュッテ―妙高山
火打山 一泊二日 6月初旬〜11月初旬
火打山―妙高山 縦走 一泊二日 7月初旬〜10月初旬
火打山 日帰り 6月中旬〜10月下旬
妙高山 日帰り 7月初旬〜10月初旬
高谷池・天狗の庭トレッキング 日帰りコース 6月中旬〜10月中旬
高谷池・天狗の庭・黒沢池トレッキング 一泊二日 6月中旬〜10月中旬
現地まで

30分






所要時間
日帰り
6〜7時間)

一泊二日

周辺観光
いもり池
妙高高原ビジターセンター
妙高高原ビジターセンターは、妙高山麓のいもり池に隣接している自然展示館です。
館内では、上信越高原国立公園と妙高の山々の自然を見たり、聞いたり、体験コーナーもあり、 美しい大自然に親しみ、自然の大切さを実感していただけるようになっています。
■営業期間:4月〜10月(無休)  11月〜3月(水曜休業)
■営業時間:AM 9:00〜PM 4:30
■入場無料
現地まで

5分







野尻湖
野尻湖
野尻湖は長野県の信濃町にある湖でナウマンゾウが出土する湖としても知られています。
弁天島や入り江を回り、湖を一周する遊覧船を始め。
ウェイクボード、水上スキー。ヨット、ウィンドサーフィンで湖上は賑わいます。釣りでは冬のワカサギ釣りが有名で、4月下旬から11月上旬の間は、バスフィッシングで賑わいます。
現地まで

15分





野尻湖湖畔
湖畔一周サイクリング
サイクリングや散策に絶好なのが、16キロの野尻湖周遊道路です。新緑で美しく涼やかな風を感じなながら満喫しましょう。 途中には象の小径もあります。
現地まで

15分




野尻湖ナウマンゾウ博物館
野尻湖ナウマンゾウ博物館
野尻湖を一躍有名にしたのが昭和37年に発見されたナウマンゾウの化石。館内には発見された化石や遺物、野尻湖人の生活など、野尻湖発掘の様子を展示・紹介しています。
■営業期間:3月20日〜11月
■営業時間:AM 9:00〜PM 5:00
■料金:大人500円/小人300円
現地まで

15分





一茶記念館
一茶記念館
江戸時代の俳人小林一茶を偲び、生誕地である柏原に建てられた記念館。一茶が生涯に残した多くの作品と、彼の人とつながりが分かる伝記的なパネルとともに、一茶時代のふるさとの様子などが紹介されています。
■営業期間:4月5日〜11月30日
■営業時間:AM 9:00〜PM 5:00
■料金:大人500円/小人300円
現地まで

15分





黒姫高原コスモス園
黒姫高原コスモス園
100万本のコスモスが、 咲き乱れる、夢の花園にプラスしてダリアやそばの花とのコントラストも見事です。
■開園期間:7月19日(土)〜10月13日(月)
■営業時間:AM 8:00〜PM 5:00
現地まで
20分







黒姫童話館
黒姫童話館
多くの作家や画家に愛された黒姫高原、さわやかな高原にある童話館。
ミヒャエルエンデ、松谷みよ子を中心に信濃の民話や信州の児童文学を子供も大人も親しみをもって学べるよう展示しています。200人収容のホールもあり、コンサート、紙芝居、人形劇などを週末を中心に楽しい催しが開かれています。
■営業期間:4月5日〜11月30日
■営業時間:AM 9:00〜PM 5:00
■料金:大人600円/小人400円
現地まで

20分







笹ヶ峰牧場
笹ヶ峰牧場

妙高高原の最南端、上信越高原国立公園内の牧場で、なだらかな緑の草地です。背景に見える妙高の山並みとヨーロッパ的景観が広がっていて、6月下旬〜7月下旬にはキンポウゲも黄色い可憐な花を咲かせます。放牧される牛の群れがのんびりと草を食べて、近くには国内最大級の笹ヶ峰キャンプ場や宿泊施設があり、秋では紅葉と多数の遊歩道でトレッキング・森林浴に最適地です。

現地まで

30分





苗名滝
苗名滝
長野県との県境、杉ノ原の集落を抜け十数分、関川にかかる落差55mの苗名滝。柱状節理の玄武岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点で、「日本の滝百選」にも選ばれています。とくに雪解け水が流れ込む春は、水量も増して、いっそう見応えがあります。
現地まで

20分





戸隠チビッコ忍者村
戸隠チビッコ忍者村
多くの作家や画家に愛された黒姫高原、さわやかな高原にある童話館。
ミヒャエルエンデ、松谷みよ子を中心に信濃の民話や信州の児童文学を子供も大人も親しみをもって学べるよう展示しています。200人収容のホールもあり、コンサート、紙芝居、人形劇などを週末を中心に楽しい催しが開かれています。
■営業期間:4月5日〜11月30日
■営業時間:AM 9:00〜PM 5:00
■料金:大人600円/小人400円
現地まで

30分





妙高サンシャインランド
妙高サンシャインランド
ビッグバーンコースター、ゴーカート、大観覧車など約20種類のアトラクションが楽しめお子様ずれのご家族に最適です。

■営業期間:4月下旬〜11月下旬
■営業時間:AM 9:00〜PM 5:00
現地まで

15分







一つ前のページ